羽のあるアリ|ゴキブリ駆除を行ない清潔な環境を手に入れましょう
作業者

ゴキブリ駆除を行ない清潔な環境を手に入れましょう

羽のあるアリ

白蟻

クロアリとの見分け

自宅で羽のあるアリを見かけた場合、シロアリ被害の可能性を疑い、駆除のために殺虫剤を散布するという人は多くいます。しかし羽のあるアリは、シロアリではなくクロアリということもあります。したがって殺虫剤を使用する前に、まずはシロアリかどうかを確認することが肝心となります。シロアリには、まっすぐに伸びた触覚と、長さがほぼ同じ4枚の羽があります。また、名前通り体の色が白っぽいという特徴もあります。中には褐色のものもいますが、濃い褐色ではなくクリーム色に近い淡い色合いとなっています。それに対してクロアリは、体の色は黒色ですし、触覚は折れ曲がっています。また羽は4枚ありますが、2枚は長く、残る2枚は短めとなっているので、見分けは比較的つきやすいと言えます。

早めの駆除

自宅で見かけた羽のあるアリがシロアリだった場合には、早急に駆除をする必要があります。というのも、シロアリは繁殖力が高く、1〜2年放置しているだけでも1万匹以上に増えるからです。増えた分だけ被害が広がりやすくなるので、それを食い止めるためには、早めの駆除が肝心とされているのです。駆除は、市販されている殺虫剤でもおこなうことができますが、専門業者に依頼した方が確実です。専門業者は、シロアリが多く巣食っている場所を確認した上で、そこに重点的に殺虫剤を使用するからです。また、シロアリが好む腐敗した建材などがあった場合、その腐敗を止めたり、そのものを交換したりする工事をおこないます。こういった駆除作業によって、シロアリの繁殖はよりしっかりと阻止されることになるのです。