体が痒くなる原因|ゴキブリ駆除を行ない清潔な環境を手に入れましょう
作業者

ゴキブリ駆除を行ない清潔な環境を手に入れましょう

体が痒くなる原因

ダニ

普段の生活に原因がある

冬になると肌が乾燥して、全身が痒くなることがあります。その場合は部屋の加湿をしたり、保湿クリームなどで対処すれば痒みは治まります。では、夏の湿度の高い時に体が痒くなることはないでしょうか。特に梅雨の時期などは多湿になるので、肌の乾燥とは考えにくいものです。その場合、ダニが原因である可能性があります。ダニは高温多湿で活発になり、人間の皮脂などをエサにして繁殖します。部屋の中でダニ駆除を行う場合はベッドやソファーなどに生息している事が多いです。ダニ用の殺虫剤を使用できれば良いですが、小さなお子さんやペットのいる家庭では使用が難しいので、まずは掃除機でしっかりと清掃をし、スチーマーなどの高温蒸気などで熱殺菌する方法が有効です。その後、しっかりと部屋の換気と除湿を行い、湿度を50%ほどに保つ事も有効です。

正しい情報で対処する

布団に生息するダニは、天日干しをした際に布団たたきで駆除するという昔ながらの方法が知られています。ですが、この方法は昨今では推奨されていません。布団たたきで叩いた際にダニは死滅するのですが、ダニの死骸が布団に残っていると人体に対してアレルギーの原因になります。ダニを死滅させても死骸の除去ができていなければ、根本的なダニ駆除にはなりません。掃除機などで入念に吸い取り、その後天日干しにする方法が有効です。また、ダニに噛まれると3つの赤い斑点が並ぶように跡がつきます。その症状が確認できた場合は、布団やソファにダニが繁殖している可能性が高いので、しっかりとダニ駆除をする必要があります。自身で駆除の対処ができない場合は、ダニ駆除の業者に頼むことも有効です。